ゲーム電撃ミサイル2005 S.D
気まぐれなゲームネタ混じりの雑談ブログ 無事に5周年迎えました
Dear Friends episode1675
斑鳩
大方復帰してきたから、今回から平常運転。


空の色(別館)さん

>あとは扇風機とかあれば良いでしょうか。

>水+扇風機の組み合わせなのだ。
まああんまり水使うと今度は湿気の問題があるけど。


ジュディス1
有効活用するならミスト+扇風機が有効。
似たようなので冷風扇があるけど、冷風扇は
安価で電気代も低コストだけど水を蒸発させるから
湿度が上がりやすいという点もある。

ルカ姉
代案としては、+サーキュレーターで空気中を
循環させるという方法があります。
空気は上に溜まりやすい性質があるので
上から循環するようにすると一定になるので
エアコン+サーキュレター又は扇風機で
上向きに掛けると効率よくなります。

斑鳩
多少は落ち着くとは思うが、まだ猛暑の気配があるから
油断はできないのは変わりない。
日が沈んでる間は、涼しくなっただけ若干マシか。

レイラ
彼のねる時間帯は昼間だから
暑いことには変わりないが。
移動がしやすくなるだけ幾分はいい方だが。


>お気に入りの食器とかで飲食するのもまた楽しー。

>その辺りの雰囲気込みもあるよねぇ。
所謂風情。


結月ゆかり 通常
視覚や雰囲気はいろいろと影響ありますからね。

死神さんは、歴史的建造物とかが好きなので
そういうのを見ると当時の風情とかを感じるようです。

レイラ
城や寺院とかいろいろと多種多様に渡る。

Te/Raをやりだした理由は
向こうは煙たがるだろうからスルーだが
XHとかマルチでは1人2役だから
並行してやるのは大変だが、
色々と補える部分はある。

ジュディス1
まあ、アリィスはプレッシャーは苦手だけど
逆境だと強さを発揮するタイプだから
難しい方が良いこともあったりする。

逆境のほうが負けず嫌いのスキルが
発動しやすいのもあるけど。

ルカ姉
それで何度か打ち勝った場面もあります。

今は、昔ほど打たれ強くないので
フォローは必要ですが、支えがあれば頑張れると思います。


にわとりRadioさん

>狙って使える程でもないと?

>使い捨て、範囲固定、勝手に倒れてくる事もある、残骸が邪魔と、デメリットが多すぎるからねぇ。


レイラ
彼は空間認識能力がある程度高いから
フィールドを平面から立体化させて、大方の範囲を
イメージしている。
わかりやすく言えば、影牢とかのトラップゲーで
そのトラップの効果範囲が分かるようなもの。

ジュディス1
建築関係を専攻してたのもあるから
図面とかをみると、頭の中で立体化できたりする。
それを活かして、フィールドの空間認識とかに応用したりする。

ブラッドサイズは特定PAで大鎌が出る仕様。

ルカ姉
PAの1つとしてはライジングエッジが対象です。
修正が入って、威力が上がっているのと
ギアブーストによってチャージが短縮しやすいので
使いやすくなってます。
ライジングエッジ

斑鳩
ライジングエッジは修正が入ってから使うアークスも
多いというわけではないが
使い分けているのもいる。
ライジングエッジの効果上昇潜在のジャグロークとか
使うとより一層強みが増す。
コートエッジも同様の潜在を持っているから
余裕あれば試す価値はある。


>通常種も無い事はないけど、低めだからねぇ>ラムグラ

>多いのがリュクスと。


レイラ
ニョイボウ等でスロお守りつけて良スキルついていれば
それなりに使い物になるのもあるが、
当たり外れが激しい。>リュクス

アダマンと比べてリサイクルできるから、一応拾ってはいる。

ルカ姉
報酬期間は20%オフで4個でリサイクルできますが
今は5個でグラインダー30個かスフィア交換で
素材としては活用できます。
それに合わせて市場も右肩下がりですが。

斑鳩
ガルグリやエルサーから、「プレゼントだ」と
言わんばかりに出るからな。
特にXHとか上位ランクは特に出やすいから
ゴミレア扱いされても仕方ない状態ではある。

結月ゆかり 通常
武器迷彩は全種コンプは無理ですが
ある程度必要なのは確保できたので、上出来と考えてるようです。

ブレイブルーの迷彩は、一部が高い故に
入手に苦労したのもあります。
*魔銃・ベルヴェルク、*神殺しの剣・クサナギは
当初は10M辺りと厳しかったですし。
今は鯖によりますが10M以下も出てるという感じです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゲーム電撃ミサイル2005 S.D all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.