ゲーム電撃ミサイル2005 S.D
気まぐれなゲームネタ混じりの雑談ブログ 無事に5周年迎えました
Dear Friends episode1340
空の色(別館)さん

>あー、そりゃ無理ですね。

>2・300gのステーキ肉だけでひーひー言うくらいだしねぇ。
んで、猫飯は炒飯だから余計美味しそうに見えるって感じだったり。


シグナム(炎龍皇)
肉類は食べれないことはないが胃的負荷を考えると
多く食べるのは少々難しい。
過去に急性胃炎を起こしておるから。

レイラ
それで1ヶ月半ほどの入院をしていた。

ご飯は家にいるときはレティが作ってくれるが
仕事の時は軽食で済ませる傾向が強い。

アガーテ嬢
・・・仕事柄、いろいろと動きますので
あまりお腹には入れないようです。
・・・ですので汁物や簡易に食べられるものが中心です。

巡音ルカ
それを踏まえて、レティさんは帰ってきた時に
食べやすいモノを作っておいておくようです。
仕事が終わってから初めて食事として食べるようなので。

>出さなきゃ撤退しますからねぇ。
ちなみにあのスーパーで売ってるお惣菜がとってもお気に入りだったりする私です。

>鳥の甘辛揚げ、昔は山賊焼きって名前だったんだけど名称変わって今のものになった模様。


シグナム(炎龍皇)
ニュアンス的問題もあるかもしれぬ。>名称変更
過去に山賊焼きとか見ていたが、今は見ないから。

レイラ
ACVDは過去に通常版を予約して当日届いたが、
開けてすらいない状態ではある。

今は下手に急かすのは得策ではない。

アガーテ嬢
・・・シティの装甲列車戦は、あれ以降やってませんし
仕事先のプレイヤーも「ストーリーは難易度が上がっている」と
言っているので敬遠気味です。
・・・特にラスボスは攻略法分かっていないと
長期戦は避けられないようです。

巡音ルカ
AC3Pも止まったままなので
今は時間をかけて少しずつ待つしかないようです。
安定も図れないので厳しい面もありますが・・・。


にわとりRadioさん

レイラ
10/1予定の件は、前回参照


>こっちの大統領は、セリフだけなら、某拳王と一緒で高潔さがうかがえるのう。

>本音の方は、かなり酷すぎじゃが。


シグナム(炎龍皇)
逆にリンゴォの潔さは惚れる要因でもあるようじゃが。
似たような理由でプロシュート兄貴の覚悟は
男気溢れるようじゃ。

レイラ
ヴァルのAWで入れているが、アバッキオのセリフで
「鍵(キー)」だけは 絶対に渡さねぇ
「誇り(プライド)」と「面子(メンツ)」にかけて
この「鍵」だけは・・・
このレオーネ・アバッキオが 守るっ!
※ヴァルは
「誇り(プライド)」と「面子(メンツ)」にかけて
このEトラは、このヴァルキュリアが
成功させる!
だったはず

が、一番男気溢れる台詞だと思うようだ。

アガーテ嬢
・・・真実に向かう意思は、
今は分からずともいずれわかると思います。
・・・ある意味では、向こうもその状況に近いかと。

巡音ルカ
その通りというわけではないですが、
近い部分はあるのは確かです。
言葉ではなく心で理解するものだと、死神さんは言ってますし。


>かまってちゃんって。

>亀はパターンループで、常時追尾してこないから。


シグナム(炎龍皇)
・・・ヘイトの関係もあるかもしれないが
近くを横切ったりとか一緒になったりすることが多いらしい。

とりあえず、14枚目は両ルート共にクリア。

レイラ
両ルート終えた感想としては、変革を思わせるような雰囲気ではあるが
それがいい方向に転がるかどうか疑問系な感じ。
そして、「あの部分」が彼としては
「これ、はぐれ殿クリアできるんか?」と
問題視している。

アガーテ嬢
・・・Lvは上限の44とは言え、相手が手こずったのは事実ですから
激戦は必須かもしれないです。
・・・ただ、死神さんの場合はWBを有効活用しての
勝利なので、それが使えない無効の場合は
どう対処するか戦術をねる必要があるようです。

巡音ルカ
片方は難なく倒せるのでいいと思いますが、
本命の方は激戦は避けられないかと。
それを含めて、練習マッチをする必要があると
死神さんは思ったようです。
ですから、あえてのWB使用不可縛りが必要なのです。


廃墟の語り場さん

シグナム(炎龍皇)
今は行き急ぐ必要はない。
倒れたらまた立ち上がればいい。

と、あやつは言っておった。

レイラ
そういうのは彼が一番分かっている故に
気持ちはわかるようだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゲーム電撃ミサイル2005 S.D all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.