FC2ブログ

Dear Friends episode2

空の色(別館)さん

レミリア
>そーいや近所のゲームショップで、普通にPS3余ってるけど…やっぱり買わないよねぇ。

レティ
焦りすぎではあるわね、ソニーも。

リリーブラック
敗因は多々ある。
・生産ラインの増産遅れ
・システムが完全では無い状態での出荷
・コスト等による値段の高さ
・PS2への依存性
とか、色々とある。

神綺
PS2でもほぼスペックは十分ともいえるが。

咲夜
企業は利益を重視することもあるけど、
ソニーは王道の意地と共にリコール等の問題で
時間と予算が切羽詰った状態ではあるからね。

リリーブラック
繁栄と衰退、これが現実だ。

咲夜
>ですよね、自由ですよね~。

>…人の目を気にして背景戻した主が言えるのか?


神綺
それを責めても、「気分で変えたんですよ」とか逃げられそうではあるが。

リリーブラック
まあ、あんまり苛めるな。

レミリア
>や、やるなですよっ!?(ずざざっ

レティ
実践するつもりは無いわよ?

咲夜
・・・裏でこそこそと準備をしてたようだけど。

リリーブラック
やりかねんから、あとで回収しておいてくれ。咲夜

咲夜
>どうも最初の一歩を踏み出し辛い時ってのはありますが…
他人がそうなってる所を見たら、背を押してあげるのが良いのでしょうか。


リリーブラック
ケースバイケース。
何でも押せば良いってものでは無い。
時には状況を見守ったり、場を中和してそういう空気を無くすとか
手は色々とある。

レミリア
>第三次αやってるので、ゼンガーなら知ってますのだ~。
…画風の影響かどう見ても20台後半くらいなのですけどね。


咲夜
貫禄はあるわね、ゼンガー・ゾンボルトは。

リリーブラック
下戸という部分を除けばな。

レティ
主人も下戸ではあるわね。

咲夜
>自分を生かす、ですかぁ…
得意分野での活躍とか、そう言ったものでしょうか。


リリーブラック
それも一理ある。
カリスマといっても、自分が努力してこそ生まれるものでもあるし
活かし方によっては形も自由自在になる。
万能が理想ではあるが、いきなりは無理に近いから
突出した部分を極めてアレンジを加えるのが良いだろう。

ぶらっく★えんじぇるさん

リリーブラック
棺桶で眠ってるほど、
今はおちおち寝ているわけには行かない。
それに、「死神」は「不死身」だろ?
そう易々と死んでるわけには行かない。

レミリア
>「ただいま」です。死神様、レティさん、神綺さん♪

咲夜
面倒を見る弟子が居て良い方じゃないかしら?主

リリーブラック
まあ、世話は焼けるが。

咲夜
>そりゃあそうでしょう。幾ら心が強くたって私達と同じ"人間"なんですから。

レティ
立ち止まってられるほど、暇は無い時もあるけどね。生きているうちに

神綺
それが「人生」ではあるのだろうな。

リリーブラック
人間は決して完璧では無い。

レミリア
>だって罪悪感感じるし・・・

リリーブラック
真実だけでは人はいつしか、押し潰されてしまう。
だからこそ、嘘も時には必要ではある。

咲夜
>・・・そうじゃないと言えば嘘になりますが、あの子もあの子なりに考えてます。少し時間を・・・与えてやって下さい

レティ
主人は端からそうするつもりだったんでしょ?

リリーブラック
どうだろうな。
少なくとも、まだ未熟な部分がある以上は
時間が必要ではあるが。

にわとりのおり 別室さん

レミリア
>その方がなんといい事かと、嘆いてみる。

レティ
じゃあ、はぐれさんの事を「ジーパン刑事」か「ラガー刑事」と。

リリーブラック
何故に、太陽にほえろ!だ?
それにそういう意味で言ったわけでは無いが。

咲夜
>約35mの強風(※瞬間風速です)、トタン屋根が飛ばされたとか、そういう記事が多かったですからね。

神綺
例えると、どれぐらいになるのだ?

リリーブラック
瞬間最大風速ではあるが、それを数秒当たる事によって人間は吹き飛びかねないぐらいのレベル(体重等によって異なる)。
普通に立てないレベルではあるってことは事実。

レミリア
>う~ん、なんか違うような (--;

レティ
じゃあ、月とスッポン。

リリーブラック
・・・やめとけ。

レミリア
>時間あった?

>微妙。(最長25~45分)
>後、要周辺理解。


レティ
主人の会社は12時~1時と範囲は決まってるわね。
状況によっては早かったり遅かったりするけど、1時間ぐらいが目安ではあるわよ。

リリーブラック
まあ、休憩は10分前後ぐらいではある。

咲夜
>そー(--;
>もうちょっと、他の方面に使わないのかねぇ。


神綺
盟主の場合は商売の方面で使うことが多いな。

リリーブラック
贔屓させてもらっているから、続けてるんだが。

Special Thanks by
みょふ~会
ぶらんけっと
Reverse Noise
(敬称略)
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment