ゲーム電撃ミサイル2005 S.D
気まぐれなゲームネタ混じりの雑談ブログ 無事に5周年迎えました
Dear Friends episode1069
空の色(別館)さん

>正直、あっちこっちでそんな話題が溢れてるから嫌気さしてるそんな気分。
っと、マイクラは面白いですよー、約2000円で買えますよー。


シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
・・・興味ない。(--

神綺
バッサリ言ったな。
どちらかといえば、立体ピクロスとかが
相性がいいようだ。
ルービックキューブみたいに組み替える方が性に合うらしい。

ジュディス1
パズルはリズムみたいに、崩しやすいと
アリィスは言ってるけどね。
マインクラフトがROM化とかすれば買うでしょうけど。

魅魔
作る工程を楽しむところは、マインクラフトと
近い気がするけどねぇ。


>モンスターを放っておけば街が廃墟とか余裕みたいですしねぇ。

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
モンスターによりけりだが、シェンガオレンとか
ラオシャンロンみたいな図体は廃墟というより更地になる。

上白沢 慧音
簡単に言えばVガンダムの地球クリーン作戦のように
踏み潰すことだが、ジエン・モーランのように
祭りの対象とされる場合もある。

元が生物兵器だから、破壊力は高いから城壁とか
そういうのがない限りは簡単に崩れる。

レティ
主人も言ってたけど、「行き急ぎすぎる進化は
時には滅びを招くこともある」って。

リタ
簡単に言えば、早すぎればその分反動が生じて
均衡が保てなくなるということ。
モンハンの過去の世界は、進化を行き急いだ結果が
今の世界なのかも。


にわとりRadioさん

>じゃ、追加だね。

>だな。


シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
ツイッターで確認はした。
明日はオフだから問題ないが。

ジュディス2
その前に朝方出かける用事があるけどね。

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
ゆうパックは大体10時~が多いから、問題ない。
最悪、再配達すれば大丈夫だし。


>外聞で知った程度なんで理由までは知らないけど、ゾフィー兄貴=ヘタレ って図式が一般(?)定着しているせい。

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
ゾフィー兄さん?へタレです。(--

神綺
・・・だから、その理由が分からんのだが。

ジュディス1
ゾフィー兄さんは「(兄弟の中で最強の)宇宙警備隊隊長」
という肩書きを持ちながら
エースキラーに張り付け(=捕虜)されたり、
ジャックに武器渡すだけとか戦わないシーンが多い上に
かませ犬役が多いだけにヘタレ扱い。

更に技のバリエーションが少なすぎるのもヘタレの理由。

魅魔
アイツがやってた「スーパー特撮大戦2001」だと
人間サイズが存在しない、武器が2つ(格闘とM87光線)、
カラータイマーの制限もありでENが0になると
2度と使えないというヘタレっぷり満載なほど酷いからねぇ。

逆にウルトラマン0(STORY)だと、ヘタレじゃなくて
無駄にカッコイイ存在になってるけど。


>また、個別単位か。

>で、ここ(静岡)のブツは?


シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
多分、勘がよければ気づいてると思うが・・・
はぐれ殿のことだから無理だな。(--

上白沢 慧音
(問題の部分を見て)
確かに、これは勘が良くないと気づかないな。
彼の場合は、既に気づいてはいたが。

レティ
「○○は貰うよ」といってたし、
その時に「あそこは行かないのね」と分かったみたい。

リタ2
前夜(第6夜)の終盤近くの辺りを見直せば
なんとなく分かるわね。>問題の部分


廃墟の語り場さん

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
WiiのVCで出そうな気もするが、版籍の関係もある。>シャイニングスコーピオン

それと


>あまり悲観的に為らない様にと、敢えて楽観的な態度を取るヒロトとは真逆ですね。

リタ
あの子の場合は、同調させることで
鈍らせてるのもあるわね。
背負ってるものが厄介だからこそ、ってのもあるけど。

神綺
だが、嫁(レティ)を守り通そうとする信念は
向こうと変わらないようだ。

ジュディス1
元々、武士道な人間だから
どんな状況でも貫き通そうとするから。

魅魔
変わらぬ愛を貫き通すってわけかい?

リタ
普段はああだけど、でもレティが支えになってくれてるのは
あの子が一番分かってるはず。
だから、一途に愛し続けようとするの。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゲーム電撃ミサイル2005 S.D all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.