ゲーム電撃ミサイル2005 S.D
気まぐれなゲームネタ混じりの雑談ブログ 無事に5周年迎えました
Dear Friends episode942
空の色さん

>FF13はFF8を遊んで依頼のナンバリングタイトルだったんですけどねぇ。
何と言うか、もうちょっとどうにかならなかったのかと。


シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
個人的には、FF10-2のシナリオは好きだった。
……システムはイマイチではあるが。

神綺
盟主は、ティーダとユウナみたいな関係が好きだったな。
キャラはルールーも好きだったみたいだが。

魅魔
今はレティ一筋だけどねぇ。
変わらぬ愛を貫くと言ってるし。

>んー、サモナイ2って周回データ使ってもそんなに大差無かった様な?

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
番外編(誓約者ルート)行くには周回は不可欠。
あとはギャラリーコンプと図鑑コンプぐらいしかない。

上白沢 慧音
今やってるDS版は一部追加や修正加わってるだけに
やりがいはあるようだ。
とりあえず、ファナンに到着してキャラ育成中。

ジュディス1
ユニット召喚も駆使して戦闘は有利に進んでるけど
スクラッチで出る鉄鉱石(=ゴレム入手)の確率上げるために
龍殺し集めてるけど、引きの悪さが光る状態。


にわとりRadioさん

>まず、ナルガ3連マラソンですね。

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
とりあえず、資料は後で送るとしてデータを集めてみたが
はぐれ殿が納刀術か集中を取るかで若干難易度が変わる。

基本ベースはディア亜種(ディアU)装備で3種類。

神綺
(資料を見て)
……コレ(短縮珠【3】)って、満たせるのか?

リタ
☆8解放が前提だけど、この3人なら何とかなるでしょう。
併せて、この子の条件も満たせば覇竜アカムトルム挑めるし。

お守りマラソンで瑠璃原珠を幾つか確保くれると
楽ではあるんだけど。


猫と鷹の語り宿さん

>固定してあれば問題ナッシングよね
うちの場合は固定が面倒なんで寝る方向を考えてるだけなんです


シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
私は基本的に北向きで寝ている。

魅魔
北枕って縁起悪いんじゃないのかい?

ジュディス2
確かに、亡くなった方を北枕にするけど
それには理由があるの。
化学的説明になるけど、地軸は南から北に向けて
電子が移動して磁力を発生してるの。
脳も電子の働きで動いてるから、死人を北向きにするのは
復活や再生を願う意味。

北向きで寝ると個人差あるけど、
疲労回復とか復活や再生を促す効果はあるの。
実際に、中国の病院で重篤な症状の患者を北枕にするほど。
(個人差があるため、確実に効く保証はない)


誰かのために輝く流星さん

>サ:
案外、負け犬さんと死神さんって似たもの同士なのかもしれませんね。


上白沢 慧音
根は近いかもしれない。
表面は、相反するぐらい異なるが。

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
……五月蝿い。

リタ2
扱いにくいところはあるけど、上手く手懐ければ
腕は確かな子ではあるわね。
扱いにくさで敬遠球投げる人も少なくはないから。

>負:
ああ、言葉が足りなかったですね。
時期も悪かったってこと。


シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
……仮に時間あっても一緒の末路だったかもしれない。
あの事件の張本人でもあるが故に。>フェイル王子

神綺
「策士 策に溺れる」と言うわけではないが
強すぎる力と言うのは自らを滅ぼしかねない。
盟主は等価交換の法則を常に肝に銘じている。

魅魔
「何かの犠牲なしには何も得られない
何かを得るには同等の代価が必要」ってアレかい?

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
この世界の理(ことわり)とも言えるが。
……少なくとも、大きな代償を払って
平穏は取り戻したみたいだが。


廃墟の語り場さん

>んー、、ワルキューレは私も使ってた記憶が……。
後はキャラよりも、炎に包まれた跳び蹴りが好きで、アレが使えるかで拘ってたかな。


上白沢 慧音
恐らく、格闘家タイプの鳳凰天駆か。

シュパチュリッツ・ロンゲーナ大佐1
蹴り使うのは、飛燕連脚と格闘家系の鳳凰天駆ぐらい。
本来は、炎をまとって後ろに飛んで剣を
頭にして敵陣に突っ込んでく技。
格闘家の場合は、ライダーキックみたいに蹴りで代用。

ジュディス1
アリィスは、思い入れあるのはデスティニー。
初めて買って実際にプレイしたソフトって理由。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゲーム電撃ミサイル2005 S.D all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.