ゲーム電撃ミサイル2005 S.D
気まぐれなゲームネタ混じりの雑談ブログ 無事に5周年迎えました
Dear Friends episode827
リリーブラック
……? 可笑しいな。
いつもなら、師匠たちがスタンバイしてるはずだが
誰もいない……。

レティ
どうしだの? 主人?

リリーブラック
師匠たちが居らんことに疑問を感じてな。
絵里はどうした?

レティ
絵里ちゃんは、マリスが……




リタ2
絵里ちゃん達は私が面倒見てるから
たまには二人きりで過ごしたら?




レティ
って言ってたから、お言葉に甘えちゃった。

リリーブラック
(……ハメられたな。
今日は師匠も例外じゃねぇってのに、気使いやがって…)

レティ
やっぱり…、迷惑だった?私じゃ……

リリーブラック
……いや、むしろ師匠に感謝しねぇとな。

レティ…、この私信終わったら二人で食事に行かないか?

レティ
主人……。
ええ、喜んで。

リリーブラック
ありがとう。

そうと決まれば、早々と私信を片づけるか。



空の色さん

>罠なり閃光なりで片方を即効で潰さないと、合流されたら時間を食う一方ですからねぇ。

>速い痛い判定強いで大変だしねぇ、ティガ。
ダイナミックなアタック多いし。


リリーブラック
俺の中でティガは狩って、やっと一人前ぐらい。
アカムは最終目標の一つだったし、地形悪いの除けば
ある意味では極めたと言えたな。

レティ
どっちも粘りでやっと狩り倒した相手だから
ある意味では思い入れあるわね。

リリーブラック
ラギアクルス(@トライ)も良いライバルだったな。
3rdに出ないのは残念だが、仕方ないのもあるな。
ラギアクルスは水中で本領発揮する奴だから。
……観空殿の場合なら、簡単に三枚に卸しそうだが(ーー



にわとりRadioさん

>DQ9はちょっとで、現在埋もれ中。
しかも、(リアル妹からの)借り物だから、発掘作業しないと色々問題あり。


リリーブラック
キッカケは、はぐれ殿がドラクエの話題がちらっと出て
「久々にドラクエやりたいな」と思って買ったのが⑨。
レベル42~3あればラスボス勝てる+僧侶か賢者必須。

レティ
モンハンの練習終わってからは、たまにシュリちゃん達と
ぽかぽかアイルー村をやってるけど、
今は邪聖剣ネクロマンサー(DSでリメイクされた方)
を攻略してるわね。

リリーブラック
ネクロマンサーは終盤にリーチなんだけど
地下迷宮のダンジョンが広すぎて萎えてる。(ーー


それと、ポンデリングの属性やられ(スタミナ回復遅れ)は
気になるレベルじゃないんだよな。
トライと比べて回復速度あがってるし、
なるべく距離とか意識すりゃ気にはならない。



誰かのために輝く流星さん

>お初にお目に掛かります。穂積千里ですわ。
自己紹介は……えーっと、めんどうなので謎の美女ということにしておいてくださいまし。

>自分で美女言うな(汗)。
輝(ひかる)だ。ここのオーナーってことになってるが、ま、好き勝手やらせてもらってる。


リリーブラック
ここの管理人をやっている漆黒の死に神だ。
宜しく頼む。

レティ
妻のレティです。
宜しくお願いします。

>それから、どうやらあれこれ想像しながらプレイするのが好みらしいな。

>明かされない設定を推測するように心がけているみたいですね。
ゲームのひとつの楽しみ方だと思いますよ。


リリーブラック
俺の場合は探究心が人一倍旺盛だから
好きなゲームの推理とかはwktkのときもあるな。

レティ
主人は方程式を作って、得た情報から仮説作って過去の例から
更に実証性を証明するって流れ。

リリーブラック
俺の方程式は
χ=y+z

χ:結論
y:仮説
z:過去の情報や例
仮説の精度を高めるには、過去のデータが肝心になるから
俺はなるべく様々な情報や知識を得るようにしてる。

>うーん、そっかー。
男の男装は、男性が女性を演じるんじゃなくて、女性が男性を演じているように見えないといけないんですね。
女性がぎこちなく男性をやっているように見えないといけないわけだ。


リリーブラック
バランスが難しいんだよな、言葉に説明するのが大変だが。

レティ
100じゃなくて、50~60じゃなくて
完璧に近いけど何処か違う80~90ぐらいな感じ?

リリーブラック
向こうに伝わるかは分からんが、そんな感じ。
完璧じゃないけど、それに等しいぐらいな加減しないと
魅せるのは難しいんだよな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ゲーム電撃ミサイル2005 S.D all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.