FC2ブログ

archive: 2006年11月11日  1/1

恐怖と絶望の名の下に

久々に死ぬほど辛く思えた日でもあった容態も悪化してる状態でも仕事を続けてたのもあって気も滅入っていたポーカーフェイスを貫き通すのも苦労したが食欲は衰退の状態相変わらずため息も止まないし悪い方向に転がるばかり携帯も行方不明になって「陥れるならマシなほうにしろ」と言いたくなったこれまでに無いほどの苛立ちもあって機嫌も悪かったりするやることは目の前に山積みの割りに気持ちが動こうとしない人を救うと言うこと...

  •  0
  •  0